女性の薄毛治療の費用はどのくらいかかる?薄毛の原因や種類も徹底解説!

毛髪(女性)9

髪を洗ったときやブラシをかけたとき、抜け毛の多さに驚いた経験のある女性は多いのではないでしょうか。抜け毛や薄毛が気になりだしたら、早い段階で対策することが大切です。女性の薄毛のなかには、クリニックでの薄毛治療が必要なものもあります。

しかし、いくら費用がかかるかが心配という人もいるでしょう。そこで、ここでは、女性の薄毛の原因や治療法、費用などについて説明します。

薄毛治療を始める時は将来的にいくらくらい費用が掛かるか把握しよう

1.女性の薄毛治療はどこで受けられる?効果と費用を考えると専門クリニックがおすすめ

女性が薄毛で悩んだときに相談できる先としては、主に育毛サロン、一般的な皮膚科、薄毛治療専門クリニックなどがあります。まずは、この3つはどう違うのかについて、みていきましょう。

1-1.育毛サロンは頭皮の状態を整えて髪が育つ環境をサポート|薄毛治療はできない

育毛サロンは医療機関ではありませんので、薄毛治療を受けることはできません。ヘッドスパで頭皮の汚れを落としたり、頭皮をもみほぐして血行を良くしたりといった施術を受けることが一般的です。頭皮を清潔にしたり、潤いを与えたりすることはできますが、薄毛の根本的な解決にはならないでしょう。

1-2.一般的な皮膚科や内科は脱毛症の種類によっては保険適用で治療が受けられる

薄毛は、一般的な皮膚科などでも対応していることが多いです。病院や医院数が多いことに加え、薄毛治療のために受診することが周囲に知られることはありませんので、通いやすいでしょう。ただし、薄毛治療に特化しているわけではありませんので、受けられる治療には限りがあります。

医師が最先端の薄毛治療法について詳しくないということも珍しくありません。そのため、進行した薄毛の場合は、一般的な皮膚科の治療ではなかなか効果が見られないということもあるでしょう。なお、一般的な皮膚科などでも、薄毛治療は基本的に保険適用外となり費用がかかります。

ただし、円形脱毛症など疾患が原因で起こった薄毛の場合は治療に保険が適用されて、費用を抑えることが可能です。

1-3.薄毛治療の専門クリニックは専門的な治療が受けられる

クリニックのなかには、薄毛治療を専門に行っているところもあります。ただし、数が十分にあるとはいえず、住んでいる地域によっては遠方にしかなくて通うのが大変ということもあるでしょう。また、薄毛治療専門クリニックに通っているところを知り合いなどに見られたくないなど、女性によっては強い心理的ハードルを感じることもあります。

それでも、薄毛を本気で改善したいなら、専門クリニックを受診するのがおすすめです。なぜなら、薄毛治療に特化しているため、一般的な皮膚科などよりも専門的な治療を受けられるからです。ただし、ほとんどのケースで保険適用外となり、高い費用がかかってしまう傾向があります。

2.女性が薄毛になる原因はさまざま

男性の薄毛の原因は、ほとんどの場合がAGA(男性型脱毛症)です。しかし、女性が薄毛になる原因はいくつもあり、それに応じて治療方法も異なります。ここでは、女性の薄毛にどのような種類があるか、みていきましょう。

2-1.FAGA(女性男性型脱毛症)

男性の薄毛の原因となるAGAは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結びついてDHTに変性し、DHTの作用によってヘアサイクルが乱れることが原因で発症します。女性の薄毛の原因の1つであるFAGAも、男性ホルモンが原因です。

ただし、女性の体は発毛や髪の成長に関わる女性ホルモンの分泌が活発で、男性ホルモンの分泌量は多くないため、通常は薄毛になることはありません。しかし、ストレスや加齢などが原因でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になると薄毛や抜け毛が起こります。

これがFAGAと呼ばれる脱毛症の原因です。

2-2.産後脱毛症

産後脱毛症は、妊娠中に活発に分泌されていた女性ホルモンが産後に急に減って髪が抜けてしまうことが原因で起こる脱毛症です。一般に、産後脱毛症であれば、出産のあと半年から1年ほど経つと自然に治まります。そのため、出産してから急に抜け毛が増えて髪が薄くなったという女性は、慌てて受診する必要はなく、しばらく様子をみてもいいでしょう。

2-3.牽引性脱毛症

毛髪(女性)14

牽引性脱毛症は、恒常的に髪がひっぱられて頭皮の同じ場所に負担がかかり続けることが原因で起こります。たとえば、髪の長い人がいつも後ろで1つに結わえていたり、髪の分け目がいつも同じ場所だったりするケースです。

エクステンションをつけている場合も、髪に大きな負担がかかり、牽引性脱毛症になることがあります。牽引性脱毛症の場合は、原因をなくせば改善する可能性が高いです。まずは、自分でできる対策をとると良いでしょう。

たとえば、いつも1つに結んでいる人は、髪を結ばない日を作ったり、結ぶ位置を変えたりすると効果的です。エクステをつけているなら、やめると抜け毛が治まる可能性があります。いつも同じ分け目で髪を分けていてそこが薄くなってしまったのであれば、日によって分け目を変えると良いでしょう。

美容院で、分け目そのものがないようなヘアスタイルにしてもらうのも1つの方法です。

2-4.脂漏性脱毛症

なんらかの原因で頭皮に過剰に皮脂が分泌されるようになると、常在菌であるマラセチア菌が繁殖して炎症を起こしたり大量にフケがでたりする脂漏性皮膚炎になることがあります。脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎が原因で髪が抜けることで起こります。

そのため、まずは皮膚炎を改善することが必要です。軽度のときは、肌に優しいシャンプーで髪を丁寧に洗って清潔に保ち、生活習慣を改善することで改善することもあります。早く確実に治療したいときや重度のときは、クリニックを受診しましょう。

2-5.円形脱毛症

円形脱毛症は、髪の一部が突然ごっそりと抜けてしまう脱毛症です。1カ所だけのこともあれば複数の個所で起こることもあり、進行するとすべての髪が抜けることもあります。原因についてははっきりわかっていませんが、自己免疫の異常やストレスによると考えられています。

重度になると治療に時間がかかりますので、発症したらなるべく早く受診しましょう。

3.女性の薄毛治療、どのくらいの費用がかかる?

薄毛治療を専門とするクリニックは、ほとんどのケースで自由診療となります。自由診療は、クリニックごとに自由に治療費を設定することが可能です。そのため、クリニックによって薄毛治療にかかる費用は変わります。

薄毛の基本的な治療方法は、内薬や外用薬を用いた薬物療法です。

一般的な処方薬の場合、費用は月に8000~1万2000円程度が目安となるでしょう。そのほか、育毛成分を薄毛が気になる部分に浸透させるメソセラピーなどの治療方法もあります。

これは、1回当たり2万~8万円とクリニックによって大きく異なりますので、最初に費用をよく確認することが大切です。

なお、初診料や再診料は、クリニックによって数千円かかるところもあれば無料のところもありますので、注意しましょう。